MENU

ForexTester 5の使い方|基本の操作から驚愕の時短テクまで完全網羅

FT5の使い方 基本操作から時短テクまで完全網羅

・FT5(フォレックステスター5)の使い方が知りたい!
・FT5を買いたいけど、初めてでも使えるかな?
・FT5を使って過去検証するスピードをUPしたい!

こういった疑問にお答えします。

この記事ではFT5の購入方法から、基本的な使い方効率的に検証するための裏ワザを紹介しています。

初めての人も迷わないように、FT5の使い方を完全網羅して説明しますよ。

この記事でわかること
  • FT5の購入とインストールの方法
  • FT5の基本的な使い方
  • FT5で検証する時の詳細設定
  • FT5を使いこなすための裏ワザ
クリックできる目次
この記事を書いた人

✅時短FXトレーダー

✅1350万円損失から復活

✅5大陸30カ国を制覇

ショウです☆

FT5の購入・インストール方法

机の上でパソコン画面にふせんをはりつけてる

FT5の購入からインストールまでは下記の3ステップです。

1つずつ丁寧に説明していきますね。

FT5 ソフトの購入

FT5を購入するは、公式サイトからアクセス。

STEP
FT5を購入する

下記の公式サイトからアクセスします。

STEP
プランを選択

▽自分に合ったプランを選択して、カートに入れます。

Forex Tester5 + データサービス VIP月額
STEP
必要事項の記入

▽4ステップにしたがって購入すればOK。

Forex Tester5 購入の4ステップ
STEP
支払い方法の選択

▽支払い方法は、クレジットカード、コンビニ、銀行振込の3パターン。

Forex Tester5 購入 支払い方法の選択
STEP
注文の確定

▽注文内容の確認

Forex Tester5 購入 注文内容の確認

入力した情報が間違ってなければ、「注文を確定する」で完了です!

STEP
購入後の確認

▽購入後のメール

Forex Tester5 購入 完了のメール

購入後、上記のメールが来たら正常に購入されてます。

購入方法は、別記事でも詳しく紹介してますよ。

ソフトウェアをダウンロード

STEP
ソフトウェアのインストール

まずはFT5のソフトウェア本体をパソコンにインストールします。

▽購入時のメール

フォレックステスター5 購入後のメール ソフトのダウンロード

ダウンロードするファイルが書いてますよ。

STEP
名前をつけて保存

▽名前をつけて保存

フォレックステスター5 ソフトのダウンロード フォルダ

心配な人は、どの場所にダウンロードしたか覚えておくと安心です。

操作の途中で消してしまった時のために。

STEP
exeファイルを実行

▽ダウンロードしたexeファイル

フォレックステスター5 ソフトのダウンロード 

exeファイルをクリックして実行します。

ブラウザの下に表示されない時は、先ほどのファイル保存場所にexeファイルがありますよ。

STEP
セットトップと使用許可

▽ForexTesterセットトップ

フォレックステスター5 セットアップ

「次へ」をクリックします。

▽使用許諾契約書の同意

フォレックステスター5 契約書の同意

中身を確認して「同意する」を選び、次へいきます。

STEP
インストール先の指定

▽インストール先の指定

フォレックステスター5  インストール先の指定

FT5をインストールする場所を選んで「次へ」をおします。

Cフォルダの容量を圧迫したくない時は、Dフォルダなど別な場所を選択できます。
ただしFT5の推奨はCフォルダなので、自己責任でお願いしますね。

Dフォルダへの保存方法

ぼくの場合、Dフォルダの深い階層に保存しようとしたら、エラーがでました。

▽エラー画面

フォレックステスター5  インストール エラー画面

ただし「C」を「D」にだけ変更したら保存できましたよ。

▽Dフォルダを選択

フォレックステスター5  インストール Dフォルダを選択
STEP
ショートカットアイコンの作成

▽プログラムグループの指定

フォレックステスター5  インストール プログラムグループの指定

スタートメニューにプログラムのショートカットを作りたくない人はチェックを入れて次へ。

ショートカットがあると便利なので、基本的にはチェックせずに次へでOK。

▽追加タスクの選択

フォレックステスター5  インストール 追加タスクの選択

好きな方にチェックをいれて次へ。

STEP
インストールの実行

▽インストール準備完了

フォレックステスター5   インストール準備完了

内容を確認してインストールをクリック。

▽セットアップウィザードの完了

フォレックステスター5   インストール セットアップウィザードの完了

この画面が出たら完了です!

そのままForexTesterを実行する場合はチェックを入れて完了を押します。

FT5の起動

STEP
アイコンの選択と初期画面

▽フォレックステスターのアイコン

フォレックステスターのアイコン 

FT5の起動は「Forex Tester 5」のアイコンをダブルクリック。

▽Forex Tester 5へようこそ

フォレックステスター5  Forex Tester 5へようこそ

Forex Tester 5の初期画面です。

STEP
コースを選ぶ
FT5の初期画面
  • クイックスタートガイド
  • 基礎コース
  • 今はスキップ

上記の3つから選んでくださいね。

クイックスタートガイドは、FT5の簡単な使い方を説明してくれます。

(使い方は本記事で分かりやすく説明するのでクイックスタートガイドは後ほど確認してもOK。)

▽クイックスタートガイドの内容

フォレックステスター5  クイックスタートガイドの内容

初めてFT5を使う人におすすめですね。

基礎コースは、FT5ではなくFX自体の基礎が学べるコースです。

▽FX入門コース

フォレックステスター5  FX入門コース

不要な場合はスキップして次へ進みます。

スキップしても後から確認できますよ。

プロダクションキーの入力

プロダクションキーを入力することで、購入したチャートのデータをダウンロードできます。

STEP
入力画面を開く

▽プログラムを登録

フォレックステスター5  プログラムを登録

「ヘルプ」タブから「プログラムを登録」を選びます。

STEP
登録画面へ入力

▽プロダクションキー登録画面

フォレックステスター5  プロダクションキー登録画面

ユーザー名、メールアドレス、登録キーを入力します。

ユーザー名は自分の好きな名前で登録してくださいね。

FT4など前作から使ってる人は、同じユーザー名でも違うのでもOK。

ぼくはFT4購入時のユーザー名を忘れたので、新しくつけました💦

メールアドレスはFT5を購入した時のアドレス

登録キーは購入時に来たメールにある下記の番号を入力します。

▽FT5登録キーの送付

Forex Tester5 購入 完了のメール
STEP
登録の確認

完了すると下記の画面になります。

▽登録の完了

フォレックステスター5  登録の完了

プログラムを再起動してくださいね。

FT5の初期設定|新規プロジェクトの作成

PROJECTSと書かれた壁面

FT5で検証をスタートするための新規プロジェクト作成は以下の手順です。

順番に説明しますね。

チャートデータのダウンロード

購入したチャート足のヒストリカルデータをダウンロードします。

STEP
データセンターを開く

▽データセンター

フォレックステスター5  データセンター

データタブのデータセンターをクリック。

STEP
通貨ペアを選択

▽データセンターのシンボル

フォレックステスター5  データセンターのシンボル

シンボルタブで選びたい通貨ペアを選択します。

▽新しいシンボルを追加

フォレックステスター5  新しいシンボルを追加

選びたい通貨ペアが無い時は「+ 追加」ボタンを押して、新しいシンボルを選び「適用」を押してくださいね。

STEP
初期値をクリアする

▽ヒストリーをクリア

フォレックステスター5   ヒストリーをクリア

デフォルトで入ってるデータを消します。

STEP
データをダウンロードする

▽サーバーからアップデート

フォレックステスター5  サーバーからアップデート

ヒストリーの「ソース」を選びます。

VIPならAdvanced Date Feed、StandardならStandard Date Feed、BasicならForexiteを選んでくださいね。

その後「サーバーからアップデート」を選びます。

▽サーバーからデータを更新

フォレックステスター5  サーバーからデータを更新

データレンジは、ダウンロードするデータの期間です。

最新の過去データをダウンロード」を選べば、全期間のデータをダウンロードします。

続いて、1分足のみか、ティックデータもダウンロードするかを選択。

>ティックデータとは?

選んだら「アップデート」をクリック。

▽情報

フォレックステスター5  情報

情報を確認して「OK」を押すとダウンロードがスタート。

STEP
ダウンロード内容の確認

▽データのダウンロード

フォレックステスター5   データのダウンロード

データの部分が緑色になっていればダウンロード完了です。

ティックデータとは?

ティックデータとは、簡単にいうと1分足より小さい値動き(秒足)データのこと。

スキャルピングなど短期足でのトレード検証で力を発揮します。

なめらかさの違いはFT5のWebサイトに動画で紹介されてますよ。

>FT5 公式サイト 各データの違い

結論、スキャルピングをやる人はティックデータ推奨なので容量が大きいPCがベターです。

5分足・15分足を見てエントリーするデイトレードなら、ティックデータなしでもある程度は使えますよ。

ぼくはティックデータをダウンロードしますが、デイトレードを検証する時はティックデータを使わないことも多いですね。

ダウンロードの容量と時間

USDJPYの約19年分を例にすると、下記の表になりました。

スクロールできます
種類容量ダウンロード時間
1分足データのみ2分前後328MB
1分足データと
ティックデータ
14分前後 8.06GB
ネット環境:楽天ひかり

※FT5アプリ本体の容量(386MBほど)は抜いてます。

データの保存先

データの保存先は、Cフォルダにあります。

>アプリをダウンロードで別のフォルダにしていない限り。

フォルダ名と中身は下記です。

スクロールできます
フォルダ名中身
Historyフォルダロウソク足データ
NewsフォルダNewsデータ
Projectsフォルダプロジェクトファイル
Templatesフォルダテンプレートフォルダ

※Historyフォルダ内に、各銘柄ごとのフォルダがありますよ。

ニュースのダウンロード

▽データセンター:ニュース

フォレックステスター5  データセンター:ニュース

ニュースタブを選んで「サーバーからニュースをアップデートする」を選べばダウンロードされます。

次の章では、いよいよ新規プロジェクトを作成します。

過去検証の開始まであと一息ですよ!

新規プロジェクトの作成

STEP
プロジェクトの名前をつける

新規プロジェクトは、ホームタブから作成します。

▽新規プロジェクトを作成

フォレックステスター5  新規プロジェクトを作成 

プロジェクト名を入れて、証拠金を設定。

証拠金の単位USドルなので注意してくださいね。

STEP
通貨ペアの選定

▽シンボルの選択

フォレックステスター5  シンボルの選択

テストしたい通貨ペア選んだ後にテスト期間を設定します。

テスト期間は基本的に全期間でOK。

テストクオリティは、ティックデータの有無を選択して次へ行きます。

高度な設定

▽高度な設定

フォレックステスター5   高度な設定

高度な設定で、ティックに関する細かい設定ができますよ。

意味を知りたい時は文末にある❓マークを選べば、解説がポップアップします。

STEP
プロジェクトの開始

▽タイムゾーンとテスト開始時間

フォレックステスター5  タイムゾーンとテスト開始時間

タイムゾーンとテスト開始時間を設定します。

特にこだわりがない場合は、タイムゾーンは初期値(カスタム、DSTなし、GMT:0)でOK。

テスト開始時期は、2012年以降からスタートするのベスト。

なぜなら2012年以降は1分足データが正確であると公式サイトに記載があるため。

その他は、初期値のままでOKです。

ただし「作成後、テスト開始」にチェックを入れると、すぐにチャートが動き出しますよ。

▽一時停止ボタン

フォレックステスター5  一時停止ボタン

止めたい時は、ホームタブの一時停止を押してくださいね。

これでプロジェクトの作成は完了です。

ローソク足・背景の設定

STEP
設定タブを開く

画面の上で右クリックするとタブが出てくるので、「チャート設定」をクリック。

▽チャート設定

Forex tester チャート設定
STEP
配色設定を変更する

ローソク足の色や、背景色を変えられますよ。

▽色の設定変更

Forex tester ローソク足と背景色の変更

テンプレートを使った変更も可能です。

右クリックしてテンプレートを選択すると、右側に出てきますよ。

▽テンプレート

Forex tester テンプレート

たとえばDark Schemeを選ぶと、目に優しい黒になりますよ。

▽Dark Scheme

Forex tester テンプレートのDark Scheme

以上で初期設定は終わりです。

お疲れさまでした!

FT5の基本的な使い方

ノートPCとメモバインダー

FT5の基本的な使い方は下記の5つです。

1つずつ説明しますね。

チャートを動かす

チャートの動かし方やスピードを変える方法は以下。

その
チャートの動かし方

▽チャートの進行

フォレックステスター5  チャートの進行

チャートを動かすには、ホームタブの「更新」ボタンをクリック。

止めたい時は、同じボタンです。

▽一時停止ボタン

フォレックステスター5  一時停止ボタン

一時停止ボタンを押してくださいね。

その
スピードの変更

▽テストスピード

フォレックステスター5  テストスピード

チャートの進行スピードを変えたい時は、テストスピードのバーを動かしましょう。

また、バーを1本ずつ動かすこともできますよ。

時間軸の変更・複数の通貨

時間軸の変更や複数通貨ペアの表示方法を紹介します。

その
時間軸を変更する

▽タイムフレーム

フォレックステスター5  時間軸の変更

時間軸の変更は、変更したいタブを選んでホームタブの「タイムフレーム」、もしくは右クリックして「タイムフレーム」を選択すると各時間足が出てきますよ。

その
複数通貨ペアの表示

▽チャートの追加

フォレックステスター5  チャートの追加

チャートを追加したい場合は、チャートタブの「新規チャート」を選びましょう。

好きな通貨ペアを選択してくださいね。

注文と決済

注文と決済方法を解説します。

その
成行の注文

▽成行き注文

フォレックステスター5  成行き注文

注文タブに、成行注文や指値/逆指値注文がありますよ。

注文パネルが出てくるので、それぞれの値を記入してSELL/BUYできます。

その
指値/逆指値の注文

▽指値/逆指値注文

フォレックステスター5   指値/逆指値注文

①ロット横にチェックを入れると、証拠金に対してパーセントでリスク計算ができます!

②ペンのマークを押すと、チャートに直接ラインを設置できて便利ですよ。

その
決済のしかた

▽オープンポジション

フォレックステスター5の使い方 オープンポジション

①ウィンドウタブのオープンポジションコマンドを押すと、現在保有中のポジションが見れます。

②決済したい注文の上で右クリックすると、決済ボタンが出てきますよ。

注文の変更

注文の変更をしたい時は、ウィンドウのトレードパネルから確認できます。

▽オープンポジションと指値注文

フォレックステスター5  オープンポジションと指値注文

①オープンポジションと指値注文をクリックすると、それぞれのパネルが出現。

②オーダーをクリックして黄色く選択された状態で右クリックすると、注文の変更ができますよ。

全決済だけでなく、修正や一部ポジションの決済も可能。

パネルの移動と固定

パネルの場所を固定したい時は、画面の下側へ移動するのがおすすめ。

▽パネルの固定

フォレックステスター5  パネルの固定

パネルを選んで、下までドラッグすると青くなります。

ドラッグをはなすと、画面の下部に収納されますよ。

すっきりして見やすいですね!

FT4画面への切替え

FT5は、FT4の表示画面を復元できます。

▽パネルデザインを復元

フォレックステスター5  パネルデザインを復元

設定タブの「パネルデザインを復元」を選んで変更できます。

FT5の画面に戻す時は「新しいインターフェース」ボタンを押してくださいね。

プロジェクトの保存

プロジェクトを保存する時は、ホームタブの「プロジェクト」から。

▽プロジェクトを保存

フォレックステスター5   プロジェクトを保存

青いフロッピーディスクのマークを押すと、一発で上書き保存されます。

横のタブを開いて「プロジェクトを保存」を選んでもOK。

これにてFT5の基本的な使い方は終了です。

FT5の細かい操作方法

設計図と鉛筆と定規

FT5で検証する時に覚えておきたい詳細設定を下記4つに分けて紹介します。

インジケーターの設定

インジケーターの表示方法は,

ホームタブと右クリックの2パターンあります。

その
ホームタブから表示

▽インジケーターリスト(ホームタブ)

フォレックステスター5   インジケーターの表示

①インジケーターを挿入したいチャートを選んだら、②ホームタブのインジケーターをクリックします。

▽現在のチャート

フォレックステスター5   インジケーターの表示 現在のチャート

現在のチャートを押すと、チャートに表示されてるインジケーターの一覧が見れますよ。

その
右クリックで表示

▽パネルの表示(右クリック)

フォレックステスター5   インジケーターの表示 右クリック

同様にチャートの上で右クリックして、「インジケーターを追加」で導入できます。

ここでは移動平均線(Moving Average)を選びました。

▽Moving Averageの導入

フォレックステスター5  Moving Averageの導入

インジケーターを選ぶと、期間や時間軸を設定できますよ。

FT5の動作を軽くするポイントは、インジケータをメインで見るタイムフレームのみに設定する。

▽インジケーターのタイムフレーム

フォレックステスター5  インジケーターのタイムフレーム 

たとえば1時間足を主に見るなら1時間足だけにインジケーターを入れる感じですね。

全部の時間足に入れると処理に時間がかかり動作が遅くなります。

そのわけは、すべて計算して表示されるから。

特に1分足は膨大な計算が行われるので注意ですね。

オブジェクトの挿入

水平線やフィボナッチなどのオブジェクトを挿入するには、ホームタブのグラフィックエレメントを使います。

STEP
グラフィックエレメント

▽グラフィックエレメント

フォレックステスター5  グラフィックエレメント

クリックすると導入できますよ。

ためしにフィボナッチリトレースメントを挿入してみました。

STEP
オブジェクトの編集

▽フィボナッチリトレースメント

フォレックステスター5  フィボナッチリトレースメント 

設定を変更したい時は、赤線をダブルクリックすると両端が丸くなって選択された状態になります。

選択した状態で、赤線の上で右クリックしましょう。

▽フィボナッチの編集

フォレックステスター5  フィボナッチの編集

フィボナッチの編集画面がでましたね。

▽編集画面

フォレックステスター5   編集画面

好みの値にしたら適用をクリック。

STEP
変更後の確認

▽フィボナッチの編集後

フォレックステスター5    フィボナッチの編集後

見やすくなりましたね!

もちろん数値も変更できますよ。

統計(トレード結果)の表示

プロジェクトの結果を見る場合は、ウィンドウタブの「統計」を選びます。

▽統計

フォレックステスター5   統計

統計データの詳細が確認できますよ。

手法の改善に役立ちますね!

自作インジケーターの導入

フォレックステスター2は入っていない、自分で作ったインジケーターの導入方法を紹介します。

STEP
インジケーターリストを開く

▽インジケーターリスト

フォレックステスター5の使い方 

ホームタブのインジケーターリストから「新規インジケータをインストール」クリック。

STEP
ファイルを選択

▽ファイルを選択

フォレックステスター5の使い方

導入したいインジケーターのファイルを選択して、インストールボタンを押します。

使える拡張子は「.dllファイル」か「.mq4ファイル」のみです!

STEP
変換の実行

▽MQL4 コンバージョン

フォレックステスター5の使い方

同意事項を確認してチェックしたら変換をクリック。

▽エラー

フォレックステスター5の使い方 自動変換のエラー

もし自動変換がエラーになったら、Yesを選んで手動変換に切り替えます。

STEP
手動変換のしかた

自作インジケーターをフォレックステスターのサーバーに送り、手動で変換してもらいます。

▽アップロード

フォレックステスター5の使い方 

変換したいインジケーターとメールアドレスを入れ、同意事項にチェックしたらアップロードで完了。

▽正常にアップロード

フォレックステスター5の使い方 正常にアップロード

正常にアップロードされたポップアップがでれば完了です

公式サイトによると、インジケーターの変換成功率は70%くらいです。

>公式サイト:MT4のインジケーターについて

FT5の操作を効率化する裏ワザ4つ

ふせんにToDo Doing Doneが書かれた様子

FT5を使う時に効率化する裏ワザを紹介します。

順番に説明しますね。

ホットキーで効率化

FT5はホットキーを設定することで、圧倒的な効率化が図れます。

ホットキーとは、キーボードのショートカットキーを設定すること。

▽ホットキーの設定

フォレックステスター5  ホットキーの設定

設定したいツールをクリックすると、キーを割り当てられます。

ぼくの場合は下記のように割り当てて、裁量トレードの過去検証を効率化してますよ。

おすすめのホットキー割当て一覧表

スクロールできます
アクションホットキー
テストを一時中断Pause
バー1つ分戻るBackSpace
バー1つ分進むSpace
拡大
縮小
上のタイムフレームCtrl + X
下のタイムフレームCtrl + Z
垂直線V
水平線H
トレンドラインL
ライT
ポリーラインW
フィボナッチリトレースメントF
フィボナッチエクステンションE
フィボチャネルC
長方形R
楕円M
上向き矢印U
下向き矢印D
プライスレベルP
全ての描画を削除Ctrl + A
新規成行き注文S
新規指値/逆指値注文A
ポジションを決済X
ポジションを一部決済Z
全てのポジションと注文を決済Ctrl + C
指値/逆指値注文を削除Q

ホットキーの割当ては、①英語、②日本語、③左手で押しやすい位置にすると覚えやすいですよ。

たとえば、

①垂直線は、Vertical Lineなので「L」を使います。

②だ円は英語でEllipse。

しかしフィボナッチエクステンションのEとかぶるため、ローマ字読みでMaruiから「M」を設定。

注文関連は、左手で押しやすいようにキーボード左側のアルファベットを使ってますね。

タブバーを非表示

タブバーを非表示にしてチャートだけの画面にできます。

画面が小さくて見にくい時に有効な裏ワザですよ。

▽FT5のタブ

フォレックステスター5  FT5のタブ

タブの一番右の矢印マークを押すと、タブバーが縮小されて画面が広くなります。

▽タブの縮小

フォレックステスター5  タブの縮小

タブの部分が縮小されて画面が広くなりました!

見やすいので効率的な検証ができますよね。

ウィンドウの整列

複数のウィンドウを手作業で動かすと、きれいに配置されない時があります。

▽ふぞろいのチャート

フォレックステスター5   ふぞろいのチャート

スペースが空いてしまいますね。

解決策はウィンドウの「水平表示」もしくは「垂直表示」です!

▽水平表示

フォレックステスター5    水平表示

(4画面の時は、水平も垂直も同じです。)

また画面を拡大してから、もとに戻したい時は「全てを更新する」で、もとの分割画面に戻ります。

▽全てを更新する

フォレックステスター5   全てを更新する

日付の移動・統計をリセット

作ったプロジェクトを消さずに、検証したい日時を変更したり、トレード履歴をリセットする方法を紹介します。

同じ通貨でもう一度過去検証したい時や、基本設定を変えずに複数の手法を検証したい時に便利ですね。

その
チャート日付の変更

▽ジャンプ

フォレックステスター5  

①ホームタブのジャンプを選ぶと、「~に飛ぶ」のポップアップがでます。

②「進む」を選んで、③移動したい日時を入力して「検索」を押すと、移動しますよ。

その
トレード履歴のリセット

統計(トレードの履歴)をすべて削除したい時は、ホームタブの「再起動」ボタンです。

▽再起動

フォレックステスター5  再起動

Yesを選べば、トレード履歴は削除されます。

再起動した後に日時を移動すれば、まっさらな状態からスタートできますよ。

FT4画面での設定

FT4の画面から設定するなら「プロジェクト」からいけます。

▽FT4のプロジェクト

FT4のプロジェクト

「プロジェクトを再開」または「日付からプロジェクトを再開する」で同様の操作ができますよ!

よくある質問

FAQ
FT5の動作が重い

動作が重い時は、以下をチェックしてみてください。

チェック項目
  • ティックデータの使用をやめる ※スキャルピングの練習でない場合
  • インジケーターを必要な時間足のみのタイムフレームに設定する
  • 必要最小限のタブを残して、不要なものは削除する
  • 任意の日付からプロジェクトを再開
データが粗い

1分足のデータが粗い時は、以下をチェックしてみてくださいね。

チェック項目
  • Advanced Date Feedを選んでるか
  • 2012年以降のチャートで検証を行う
  • データセンターのシンボルプロパティで小数点の桁数を確認する

▽シンボルプロパティ

フォレックステスター5   シンボルプロパティ

データセンターの「プロパティーを変更」をクリックして「小数点以下の位」を見てください。

ドルストレートは5桁、クロス円は3桁が正しいですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次